名古屋 腰痛 病院 ペインクリニックなら腰痛治療ネットの増田医院

腰痛治療ネット 増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科

診療時間内に予約を受け付けます。フリーダイヤル0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半。ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診予約フォーム
お問い合せ
腰痛でお困りですか?

2013年3月

3月 30 2013

神経ブロックについて詳しく教えてください!その4

近頃、腰痛を中心に慢性の痛みの治療をペインクリニックにおける神経ブロックで行っている方が多くなってきました。

今日はそんなペインクリニックでの治療を検討されている方から、ご質問です。

 

 

Q、トリガーポイント注射という治療法があると聞きました。どんな治療法でしょうか?

 

筋肉の緊張や炎症が原因でおこる腰痛や肩の痛みに対して行われています。

筋肉性の腰痛が起こっているとき、筋肉が硬くなっている部分を指で押すと、その部分だけでなく腰全体に痛みが広がることがあります。この抑える場所はトリガーポイントと呼ばれ、東洋医学におけるツボとほとんど同じ場所です。

 

このトリガーポイントに局所麻酔薬を注射することが、トリガーポイント注射です。

トリガーポイント注射は体の様々な場所の痛みに対応可能です。

 

 

 

 

 

当病院は愛知県海部郡蟹江町にて、ペインクリニックでの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛にお困りの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 29 2013

神経ブロックについて詳しく教えてください!その3

近頃、洋宇野治療法としてぺインクリニックで行われる硬膜外ブロックを中心とした神経ブロックを希望される方が多く見えます。今日はその神経ブロックについてのご相談です

 

Q、神経ブロックが受けれない場合はありますか?私は高血圧の薬を飲んでいますが・・・

 

血液を固まりにくくさせるお薬を飲んでいる方はできません。

心筋梗塞や脳梗塞を過去に患ってしまった方は、この薬を飲んでおられる可能性が高いです。

神経ブロックは身体の深いところに針を刺します。ということは、体の奥で出血することも考えられ、出欠が止まりにくい状態では大変危険です。

普通の方であればすぐに止まってしまいますが、このような薬を飲んでおられる方はそうはいかないのです。

また、免疫機能が下がっているような状態も、出来ません。

これは免疫機能を下げてしまう病気にかかっておられる場合と、あえて治療のために免疫機能を下げている場合があります。

 

 

鍼を身体の奥に深く差しこむ行為は、不潔な場合外から内部にバイ菌を押し入れる行為となります。もちろん清潔には最善の注意を払いますが、なにせ見えないバイ菌です。もしものことが無いとは言い切れません。しかも免疫機能が低いとなれば…とても危険な行為となります。

 

 

 

そのほか常用しているお薬があれば、治療前に医師にお伝えいただきたいと思います。

 

 

 

当病院は名古屋市近郊蟹江町にて、ペインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛にお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 28 2013

神経ブロックについて詳しく教えてください!その2

腰痛に対する治療法のひとつに、ペインクリニックで行われている神経ブロックという方法があります。今回はそんな神経ブロックの治療を希望されている方からのご質問です。

 

Q、神経ブロックの治療は何回くらい行うものでしょうか?何度も繰り返し行って大丈夫なのでしょうか?

 

神経ブロックとりわけ硬膜外ブロックを行う場合、週1回のペースで10回程度を一つの目安にしていただけるといいと思います。

よく繰り返し行うことで副作用を心配される方がみえますが、その
心配には及びませんのでご安心ください。

なお、効果の現れ方は人によって違いがあります。1回で劇的に良くなる方もみえますし、繰り返す治療の中で徐々に効果を感じる方もみえます。

 

 

神経ブロックは基本的には通院で可能な治療法です。

しかし、施術後1時間ほどベッド上に安静をしていただく必要があります。来院される際には十分に時間の余裕を持っていただきたいと思います。

 

当院は愛知県海部郡蟹江町にて、ペインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛にお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 26 2013

神経ブロックについて詳しく教えてください!その1

腰痛の治療にペインクリニックにおいて神経ブロックを行うという手段があることが、最近多くの方に知れ渡ってきたようです。今日はそんな神経ブロックによる治療を検討されている方からのご質問です。

 

Q、神経ブロックによる治療を勧められました。硬膜外ブロックという背中にハリを刺す治療だということで心配です。危険や副作用について教えてください。

 

神経ブロックは、痛みで敏感になっている神経やその付近に注射をする治療法です。必要なところに必要なだけの薬を注入するわけですから、薬の影響が全身に及ぶことはありません。よって副作用の心配は少なくて済みます。正しく行うことで、痛み止めの飲み薬より副作用の少ない治療法といえます。

しかし、確率は低いものの針で神経を傷つけてしまう可能性はあります。医師の手元が狂った場合ということです。医師は神様ではありませんから、その可能性はゼロにはなりきれないのです。

 

 

 

 

 

 

当病院は名古屋市近郊蟹江町にて、ペインクリニックでの基本的主義である硬膜外ブロックを用いて腰痛に対する治療を行っています。

腰痛にお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 24 2013

なぜ、心理的なものが腰痛の原因になる?その2

腰痛の原因の多くが、心の持ちようにあることが最近分かってきました。

今日はそんな方から、心理的な原因に関するご相談です。

 

Q、腰痛がひどく、整形外科では脊柱管狭窄症が原因と言われました。しかし、不眠症のため通っているメンタルクリニックでは“うつ病が原因では…?”と言われました。どういうことでしょうか?

 

 

腰痛の原因の多くが心の問題が原因であることが、最近の研究結果でわかってきました。しかしこの場合、脊柱管狭窄症も同時に存在するので、どちらが原因なのかを判定するのは大変難しいと思われます。

 

また、そもそも脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、腰椎すべり症のような整形外科が扱うことの多い疾患に加えて心の問題が痛みを増幅している場合もあります。

よって、どちらが原因なのか?を特定するのは容易ではありません。

 

 

最近は腰痛の治療にうつ病のお薬を用いることが多くなっています。

また、腰痛体操など簡単にできることを実践していただくことで、痛みと上手く付き合っていただいているケースも多くあります。

従来の痛みどめに加えて、さまざまな薬を合わせて腰痛に対処するのがスタンダードな治療法です。

 

ということは主原因はさておき、薬を色々試していただいて対処するという方法も無いわけではないということです。決してほめられたものではないにせよ、先々手術の可能性がある疾患を考える場合、この方法を行ってダメなら手術でという選択肢は良いと思います。

手術に絶対鎮痛の確約がないので、手術に至る前に色々な非手術的治療を試す。それでもだめなら…という方向です。

 

当病院は、愛知県海部郡蟹江町にて腰痛に対してペインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた治療を行っています。

腰痛にお悩みのかたは、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがしょうか?


0コメント

3月 21 2013

なぜ、心理的なものが腰痛の原因になる?その1

近年、腰痛の原因として心理的側面によるものが大きいことがわかってきました。今日はそんな心理面に不安を抱えている方からの質問です。

 

Q、慢性の腰痛があり、医師から心理的な原因が考えられると言われました。そんなことってあるんですか?

 

腰痛の原因の85%は心が原因であることがわかってきました。

腰痛というと、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はメンタル的な部分に原因があるほうが圧倒的に多いのです。

 

『痛み』とはとても不正確な身体の信号です。体のどこかで起こった痛みは末梢神経→中枢神経→脳と信号を送って、はじめて痛みとしてとらえられます。このルートは大変複雑なものになっており、そのせいか途中で弱められたり逆に強まったりします。

気分的な落ち込み具合がもとで、痛み信号が強められ長引くことがあります。また精神的ストレスが、脳の過去の記憶と関連させて腰痛と判断してしまうこともあります。

 

このように精神的な原因が痛みに複雑にかかわっているのです。

 

当病院は名古屋市近郊蟹江町にて、ペインクリニックの基本的手技を用いた腰痛治療を行っています。

腰痛にお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 20 2013

たべもので腰痛の予防は出来る?その3

腰痛にお悩みの方は多く見えますが、食生活から見直そうとチャレンジされている方が多くいらっしゃいます。そんな方からのご質問です。

 

 

Q、足腰を丈夫に保つために食事に気をつけようと思います。何を食べたらいいでしょうか?

 

骨や筋肉の元になり、血液循環や神経修復を促す食べ物が良いと思われます。

骨の主成分であるカルシウムを多く含む小魚・牛乳・青菜、カルシウムの吸収をつけるビタミンDが多く含まれる卵黄。筋肉のもとになるアミノ酸を多く含む大豆、筋肉を動かすエネルギーになる炭水化物。傷ついた神経を修復するビタミンB12を含むあさり。

 

このように列挙すると、結局は“色々なものをまんべんなく…”ということになります。

ありきたりの答えではありますが、重要なポイントです。

 

そして更に見逃されがちなのが、運動を毎日の習慣にしていただくことです。

栄養をとっているだけでは足腰を丈夫にしないばかりか、肥満の可能性が高くなってしまいます。

 

よく食べよく動く…。地道にお願いしたいものです。

 

当病院は名古屋市近郊蟹江町にてペインクリニックでの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛にお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 19 2013

食べ物で腰痛の予防は出来る?その2

腰痛にお悩みの方が、日常生活の中で出来る腰痛対策を考えるのは自然なことだと思います。そんな方から、今日はサプリメントのご相談です。

 

Q、サプリメントは腰痛に効果があるのでしょうか?

 

 

腰痛にコンドロイチンやグルコサミンが効果的と巷では言われているようですが、科学的に実証されたものではありません。よって、現段階では“効く”という保証のないものだというわけです。

 

サプリメントは栄養補助食品のひとつで、特定の栄養素を抽出して作られた食品です。

手軽に摂取できる反面、その手軽さから過剰摂取になってしまうケースもみられます。

 

例えば骨粗鬆症のためカルシウム剤を飲んでいる方が、食物繊維のサプリメントを接種しすぎると、胃腸で結合してしまって便へと流れてしまうことがあります。

これでは骨粗鬆症の治療効果も出ないばかりか、サプリメントに使ったお金がもったいないことになってしまいます。

 

やはり栄養は日々の食事でしっかり補っていただきたいと思うのです。

手間暇かかろうとも食事の中から自分の食事を養うのが最善の道なのです。

 

 

当病院は愛知県海部郡蟹江町にてペインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛でお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 15 2013

食べ物で腰痛予防はできる?その1

腰痛にお悩みの方で骨粗鬆症など、骨が弱いことが原因の方は多く見えます。

今日はそんな方から、食べ物で腰痛になりにくくするためにはどうすればいいかというご相談です。

 

 

Q、腰痛対策として、腰骨が強くなるようにカルシウムを摂るように心がけています。1日どれくらいとれがいいのでしょうか?

 

カルシウムの1日必要量は700mg、牛乳コップ3杯半に相当します。この量をとっていただくのが理想的です。

人の骨の主成分であるカルシウムは、40代から減少していきます。歳をとると意識してカルシウムをとる必要があります。

食生活で自然にカルシウムをとれるようにしていただくには、好き嫌いなくまんべんなく食べることが一番良いと言われています。

 

逆に食生活が乱れるとカルシウム異常が起こります。

インスタント食品にはリンが多く含まれています。リンにはカルシウム摂取を制限がする作用があるため、インスタント食品にかたよるとカルシウム不足になります。

一方、カルシウム過剰になる場合もあります。

世間にはカルシウム強化をうたった食品があります。これを摂りすぎるとカルシウム超過となり、尿路結石を引き起こしてきてしまうことがあります。そればかりか鉄・亜鉛・マグネシウムなど、体に必要なミネラルのバランスを狂わせることにもなります。

 

何事もバランスが大切のようですね。

 

当病院は名古屋市近郊蟹江町にて、ペインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛でお困りの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

3月 14 2013

体操以外のセルフケアは?その4

腰痛のセルフケアとして腰痛体操を行っておられるかたは多くみえます。しかし、それ以外にも対処法はあり、それについてのご相談です。

 

Q,腰痛に効果のあるツボがあると聞きました。詳しく教えてください。

 

腰痛にとくに関連するといわれているツボに、大腸兪(だいちょうゆ)・腎兪(じんゆ)・志室(ししつ)がありますこれらのツボは腰の周辺にあります。

 

 

その他のツボとして、承扶(しょうふ)・委中(いちゅう)・承山(しょうざん)・太谿(たいけい)・崑崙(こんろん)・湧泉(ゆうせん)などのツボも効果があるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

当病院は愛知県蟹江町にてペインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた、腰痛治療を行っています。

腰痛でお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討されてはいかがでしょうか?


0コメント

Next »

このページの先頭へ

Copyright© 増田医院. All Rights Reserved.