名古屋 腰痛 病院 ペインクリニックなら腰痛治療ネットの増田医院

腰痛治療ネット 増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科

診療時間内に予約を受け付けます。フリーダイヤル0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半。ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診予約フォーム
お問い合せ
腰痛でお困りですか?

11月 30 2012

脊柱管狭窄症による腰痛、こんなときどうするその15

8:18 AM お知らせ

Q、医師の勧めで手術を受けましたが痛みが残っています。今後が不安です

 

まずは薬物治療や神経ブロック治療で様子を見ます。それでも効果が見られない場合、脊髄電極刺激やエピドラスコピーといった治療を選択します

 

 

手術がうまくいったにも係わらず痛みが残ってしまうことは、実はさほど珍しいことではありません。

そもそも手術前に神経そのものが痛んでしまっていたために、手術をしても痛みが残るのです。

このような場合、抗うつ薬・抗てんかん薬や医療用の麻薬などを使います。しかし効果は2割ほどと言われています。

そこでエピドラスコピーやせき髄電極刺激といった治療法を行うことになります。しかし、これらの方法もあまり効果を期待出来ないとされています。

手術を行ってうまくいかなかった場合、長期間に渡って痛みと闘わなくてはならなくなるということです。

 

だから、腰痛に対する手術は慎重に検討していただきたいのです。

 

当病院は愛知県海部郡蟹江町にてパインクリニックの基本的手技である硬膜外ブロックを用いた腰痛治療を行っています。

腰痛にお悩みの方は、一度ペインクリニックでの治療を検討してはいかがでしょうか?


0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

このページの先頭へ

Copyright© 増田医院. All Rights Reserved.